Midship同志会MOY分室




Midship、この場合、エンジンをホイールベースの間に配置した自動車を指します。

Midship、それは、もはや私には無くてはならないものです。

Midship無しではもう生きていけません。

Midship同志会とは?2002.2.12
出会い2002.2.12
MR2一号車2002.2.12
ビート2002.2.12
ヨーロッパ2002.2.12
MR2二号車2003.11.18
MR2三号車2005.6.8
MR2四号車2002.2.12
MR-S2015.10.31
エリーゼ2007.10.24
エリーゼ111R2014.2.15
エリーゼ111SC2020.4.1Updated!
最初のFR2018.8.18
Mくん2020.4.1New!
人員輸送一号車2009.1.24
ピー太郎2010.8.1
ピー次郎2011.3.9
ピー三郎2018.8.18
RZ502015.10.31
MR2 変更概史 2202.4.1Updated!
MR2が登場するコミック2002.2.12
未来2002.2.12
Midshipの良い所2002.2.12
Midshipの悪い所2002.2.12
写真倉庫2002.3.22
Midshipのおもちゃ箱2002.5.22
AWの弱点2003.11.18
サヨナラSW2005.6.8
サヨナラエリーゼ2007.10.24
2007年度FSX選定顛末記2009.1.24

注意

 本稿では、"midship"、「ミッドシップ」、"MR"を使い分けています。前二つは実質的に同じです、気分により使い分けています(笑)。まあ、 同志会は、「ミッドシップ同志会」ではなく「Midship同志会」なので、日本語としては普通は、「ミッドシップ」を使いますが、ここでは、より一般的 な(広い)範囲で示す場合に"Midship"を使っていると思って下さい。なお、"MR"は「エンジンをホイールベース内側、後軸の直前(実際には後軸 上にかぶさっている場合が多いが)に搭載する後輪駆動車」を示しています。フロントミッドシップのFRは、"midship"や「ミッドシップ」に含める 場合がありますが、MRには含めません。また、"midship"は、「ミドシップ」とカタカナで表記されることもありますが、私は「ミッドシップ」と表 記しています。MR2の生みの親であるトヨタも「ミッドシップ」と表記していますしね。

 なお、いくつかのものは、私が以前にNiftyのFCAR系会議室で発言したものやTOYOTA MR2 CLUB JAPANに投稿したものを加筆訂正したものです。

トップへ